これは単なる麻雀ブログってわけじゃねぇんすよ。おれたちがやるのは麻雀だけで利益を生み出す会社!純粋な麻雀好きによる麻雀のブログ、「麻雀会社サイコロック」を堪能していってください!

麻雀会社 サイコロック

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
お~ひ~さ~
いやあ、長いこと放置されてますな、このブログも。今のとこ2年おきくらいに更新されてるんで、死ぬまでにだいたいあと20回くらいしか更新できない感じですかね。どーも僕です、ユキチです。みなさん達者で打ってますか?え、もう全然打ってないよって?そんなこと言わずに札束ポケットに突っ込んで、打ち歩きましょうよ。とか言いながら、こっちも全然打ててないんですけどね~。

今年麻雀したのは、正月にタビラ、リク(うちの三男)、バシコバ君と打ったのと、天龍で2発くらいですかね。お恥ずかしい限りのナマリっぷりです。で、久しぶりに記事をあげることにしたんですが、背景として、そろそろ定期的な麻雀に復帰しようかな、とふと思いまして。ただ、今のところセーガクの頃の自分の雀力がかなり脅威というか。何と言うか、三井寿的な感情がかなりありますねぇ。これはなかなかやっかいでして、つまり今の自分は全盛期の自分と比べて弱いと、とにかく弱っていると、頭のどっかで暗示がかかっているわけです。自分に負けている気持ちを抱えながら戦うなんて、ほんと良くないですよ。というか馬鹿ですよ馬鹿。2年くらい前に書いた九州旅行の時もそうですけど、そんな感覚で麻雀するなんて、カモすぎますよ。ただどっかで踏み出さなきゃ、始まらないんでね、さっそく2週間ほど前から始めてみました。
  
  まずは雀荘探し。え?天龍があるじゃねーかって?まあまあ、そ~なんですよ。そ~なんですけどね、これもちょっと理由がありまして。まず天龍からの鞍替え理由を書く前に、誤解のないように言っておきますが、天龍良い店ですよ。店員も客も良い人だし、家からも近いし。じゃあますます何で店変えるんだよって感じですが、単純に場代ですわ。俺のどっかの記事にも書いたかもしれませんが、場代は昔1G 500円だった(と思う)。けどそれが最近1G 600円になって、さらにトップ賞が300円になった。これはね~イカンですよ。なんだよ、たかが数百円高くなっただけじゃね~かって思うそこのあなた。これ一日麻雀打ったらけっこうでかいのよ。去年の夏くらいに毎週金曜に天龍に行って、9週連続勝った時がありまして、以前の場代なら少なくとも10万はありそうな流れなんですが、たしか7万くらいの勝ち金だったんすよ。いや、もちのロン、全て場代のせいだなんて言いませんよ。ただ俺がなまってるだけの可能性も充分すぎるほどあるとは思いますけど。とにかく天龍で勝つ1回の勝ち額が、万を超えないことが多くなったなぁ、という実感と共に、あらためて雀荘を選んでみようかと思った次第です。

で、自分の行動範囲は勤め先の関係上圧倒的に新宿中心なわけで、新宿には数多くの雀荘がひしめいているわけですし、なら新宿で探せよ馬鹿、というわけでサクッと探しましたね。インターネットって便利ね~。色んな店がありますわ。場代は500円以下で探すと色々候補も出てきますね。特に「新宿 たぬ」はあらためて見直しましたよ。というかセーガクの頃に後輩のアユムと行ったことあったんですけど、こんな良い店と思ってなかったね。点ピンの場代が300円って!これ昔の神戸のグッドラック(今はグッドラックも場代高くなっちゃったみたいね)より安いよ。すごいよこれ。革命ですよ。心が打たれましたね。つ~かそれなのに昔点5で打ったな~。馬鹿だな~。ただね~東南しかないんすよね~。いやいやトーゼンですよ。全国には東風より東南の雀荘の方が圧倒的に多いんすから。東南の何が悪いんじゃボケって話ですよ。ただ東南は、東風に犯されまくって、ケツの穴がすっかりMiniに成り果てた自分には、もう受け入れられませんよ。なんせ仕事終わりに麻雀するなら、なるべくいっぱい打ちたいし勝ちたいじゃないですか。それで負けるならサクッと負けたいじゃないですか(嘘)。それは東南では実現できませんよ。というか一回東風やっちゃった人なら分かってもらえると思いますが、もう東南じゃ長すぎて眠たいですよ。東風が終わった段階でトップだったら、全員に支払いを済ませてもらいたくなっちゃうよ。それで南場が終わって2着とかだと、もう詐欺にあったような感覚だよね。「俺がトップだったのに、ふざけんな~!」ってトップを殴り倒したくなるよ。だからね、泣く泣く「たぬ」は候補から外しましたよ。また生まれ変わったお願いしますよ。

で、その次に「フォーシーズン」って店が引っかかりましたね。これはホントね、あやうく即決かと思うくらい自分の理想に近かったですね。東風で場代500円だし、着順で支払い決まってトップから順に7000、2000、-3000、-6000っていうのもなかなか分かりやすくて好きになれそうだなと。チップは500円か。まあしゃあないのかな。正直ちょっと物足りないけど。そんで早速ホームページ見ましたね。ふむふむ、なかなか良いじゃないか。ただそのホームページを見てる時に、ふと気づいちゃいましたよね。フォーシーズングループはもう一軒新宿に雀荘がある、ということに。名前は「ダンディ」。もうね、シブすぎるよね。なんかすでにネーミングセンスからビンビンに感じるものがありましたね。そんで今度はダンディのホームページを見たところ、完全に確信に変わったね。場代は500円と変わらず、何が違うって着順の支払いがトップから順に9000、3000、-4000、-8000で、チップ1000円。あ、あと言い忘れたけどトップ賞とかも無いわけね。もう最高だよね。ほんと「ダンディ」を見つけてから店行くまでの数日は、胸が高鳴ってしょーがいないって感じでしたね。じゃあ雀荘の話はまた次回書きますわっ!

これからも頑張れよ!って方はクリックお願い致しやす!!
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
| 麻雀 | 15:07 | トラックバック:1コメント:2
いつだって麻雀は最高
というあれで、前回何でしたっけね。あ、いきなりラスを引いたわけですね、久々の麻雀にもかかわらず。2ヶ月くらい時間経ってるんで記憶が。。。

で、緊張しまくりで麻雀のやり方も思いだせずにラスを引いて、客観的に自分を見直したわけで。
まず相手の手を読めてねぇし読もうともしてない。で、鳴きどころもわからないまま面前でとりあえず聴牌しようとして、リーチが入るとスジ、みたいな。素人じゃねぇんだから....

そんな風に考えてると何か緊張してたのもホントあふぉらしいとゆ~か何とゆ~か。
失礼だよね、今まで自分と麻雀打ってくれた人たちに。

2半チャン目が始まる時にはもう久しぶり感は無くなって、早く今打ってる相手をコロしたくてウズウズモードになってました。我慢できましぇん。

で、東パツからガッツン鳴きを入れだし中ドラ1、タンヤオドラ赤をアガッてほどほどに助走を終えて、迎えた南2の親でこの配牌

南南北西白白中中一筒一筒九索七萬八萬九萬

もうドキュンですよね。キュンキュンすぎて第一打 七萬、第二打 八萬、第三打 九萬でした。

で、5巡目にはこうなってました。

九索九索中中中南南 ポン一筒横一筒一筒 ポン白横白白

で、3万持ちくらいのトップ目から直撃でロンホー。続けて親満をつもったら5万5千点以上で即半チャン終了のルールがあったため全員ご臨終となりました。

そこから2着一回をはさみ、結果は4-1-1-1-2-1-1。+7500で終了。

雀荘出て車で一服しながら色々考えてた。
俺がリーチをかけた後の、対戦者の絶望的な目。飲み込まれていく場。
自分の中で最高に弾けていく打牌選択、鳴き。アガリに到達した時の絶対的な快感。
やっぱ麻雀おもしれぇわ。昔みたいに毎日ヤリたい、とまでは思わないけど、東京でも時間作ってまたやりたい。

とか考えてた。考えながら時計見たら午前4時半だった。午前7時から大分の友達と会う約束がある。
けど今熊本なわけで。行きは3時間かかってるわけで。寝れないわけで。。。

そこから眠すぎて気絶しそうになりながら、途中10分程の仮眠を3-4回とりながら、勝手に閉じていくマブタと戦って大分に無事到着しました。午前8時過ぎに。。。
そんな馬鹿すぎ野郎を暖かく迎えてくれる友人に感謝しつつ、東京に帰ったわけでした。
麻雀と関係ないけど、おみやげでもらった大分のシイタケカレーめちゃうまかったです。
また九州行きてぇ。。。

次は東京の天龍で久々打ったんでまたUpしますわ。

これからも頑張れよ!って方はクリックお願い致しやす!!
人気blogランキングへ


| 麻雀 | 14:09 | トラックバック:1コメント:2
震えがとまらねぇぜ
時間の流れが速いってのは前フリなわけじゃないんですけど、早速9月ですか。そうですか。

まあ流れは無視しまして、8月のアタマの話。俺は馬肉を食った足でその後、麻雀サン熊本店に行ったわけだ。なんせフリーで打つなんて2年ぶりくらいなもんで、店に入る前の心境は最初ドキドキ・ワクワクでした。けどだんだんと、それが恐怖のドキドキになってきて、「カモられたらどうしよう」「お金4万しか持ってないけど大丈夫かな」と、カツアゲ前のいじめられっこ状態でした。勝てるわけねーよ、このままじゃ。ってのは自分でも分かってて、自分の今までやってきた麻雀を思い出し、無理やり「俺強いよ」と思いこもうとしながら、いざ入店したわけで。

サン熊本店はまあまあ広かったけど、点ピン店5共に1卓の稼動のみであった。まあ今日水曜だしね。待ち席に着くと、「点ピン点5どちらがご希望ですか」と聞かれたので、早く打ちたいんで空いた方に案内してください、と答えた。発言内容は余裕だが、また恐怖心がチラチラしてきており、非常にカモい心境であった。そして落ち着く間もなく、点5に案内され久々麻雀が始まった。

目の前に牌がならんでもやっぱり落ち着かない。昔どんな風に牌選択してたっけ?とか馬鹿なことを思っていると「リーチ」の声。やばい俺振込みそうな気がする。ここはベタオリしかない。と、考えてみたものの、「あれ、ヨミってどうやってたっけ」とまたアフォな脳みそになっていた。とりあえず現物しかねぇ。そして12巡目あたりに現物は無くなり、とりあえず筋、的な考えに移行して、6ピンを捨ててるリーチ者に対して3ピンを切った。そこで「ロン!」の声。手を見るとサンで共通ルールとなっている赤3ピンが2つほど見え、5200を支払うこととなった。

トーゼンのリーチだよな。ここは3ピンが赤い店なんだ。俺が間抜けだ。と思った。
けどその振込みは余計に俺を緊張させた。だってありえねぇよ。たとえ赤3ピンなんてルールが無くても、場に3ピンが一枚も見えてないんだ。何で簡単なシャボがアタマにうかばねぇんだ。
そう思った。

反省もむなしく、2年ぶり麻雀の半チャンは、ダントツの4着から始まった。

ちょっとずつですいませんけど、続きはまた書きやす!

おいおい頑張れよ!って方はクリックお願い致しやす!!
人気blogランキングへ


| 麻雀 | 16:18 | トラックバック:0コメント:23
いやはや、時が加速されてますね
前の日記を書いてから、軽く二年くらい経ってますねぇ。。。
今までここまで激しい放置にあってから復活したブログあるんかな笑
というあれで大変恐縮ですが、自分のブログなんやしということで遠慮なく記事Upさせて頂きます。

ここんとこ麻雀無しでも退屈しない時間をすごしてました。
学生の頃、近所の中華料理屋や引越し屋、サウナ、印刷工場、コンビニなんかでバイトしてて、「仕事ってくだらねぇな」という印象だったもんで、それの延長でリーマンも退屈そうとか勝手に決め付けてましたが。

実際のとこ、ビジネスはかなりおもろい。このおもろさってそれぞれの会社に守秘義務があるだろうからあんま表に出てこないんやろーけど、なんつうか脳が満たされる充分な構造が成立してるね。毎日変化してく新鮮な状況に対峙して、時間の概念がぶっ飛ぶ瞬間があるのは麻雀によく似てる。自分の能力使って自由に対象に触れていくのは、バイトの時のあれやれ・これやれ的な仕事と違っておもしれぇ。かなり簡単にまとめるとこれがおれの社会人感だ。

まあ大学時代と違って尊敬できる人が減った気がするのだけは残念だが、それが本当に納得できなくなれば会社でも起こそう。

で話がズレまくってるけど、今回記事を書いたのは久々麻雀を打ったわけで。
打った場所は九州は熊本のサン熊本店だ。
あれは友達の結婚祝いで、熊本の馬肉料理専門店「馬桜」でメシを食った後だ。

(ちなみに麻雀と全然関係ないけど、馬焼肉は牛・鳥・豚と比較して段違いに旨い。馬刺し食ったくらいで馬肉を理解した気になってるあなた!馬焼肉は段違いですよ!東京や大阪に運ばれて新鮮さを失った馬肉じゃ話にならんし、是非熊本の新鮮な馬焼肉をヨロシクドーゾ!)

馬肉に満足し、友人の相変わらずぶりに安心し、レンタカーの中でボケっとしてたのが夜11時。次の日の朝8時には大分の友人に会いに行く予定。熊本から大分は3時間くらい。ってところで馬桜に行く途中に麻雀サン、麻雀さかえがあったのを思い出す。今からならまだ打つ時間あるんじゃねぇの、と考えた時にはレンタカーを駐車場にInしていたわけで。

向かったのは麻雀サン。入ったときには2卓稼働中。点ピン、点5それぞれ1卓ずつって状況だった。
できればピンが良いけど、空いたら案内して欲しいと伝えて熱シボで顔をふく。

長くなったんで雀荘での話しは別で書きますわ!

おかえり、って方はクリックお願い致しやす!!
人気blogランキングへ

| 麻雀 | 15:04 | トラックバック:1コメント:14
また会いましょう!Volume2~後編

M上さんと打つとなって、俺はメンバーをすぐに集めた。


一人は他の大学でかなり打てると評判のオカちゃんという奴で、もう一人はタイセーさん。その頃俺が集められる最高の面子だった。


M上さんは、その日の戦場にビールをパックで持ってきていた。まさかこの人・・・・酒呑みながら麻雀すんのか?


予想通り麻雀が始まるとゴキュゴキュと呑み始めるM上さん。完全に舐めてやがる!!俺ら3人は気合充分で戦っているのに。


しかしシャレになっていない。最初の4回連続でトップだったのはその酒呑みだった。


5半チャン目でやっとM上さんが3着になってくれたが、続く6半チャン目東2局・・・


「ろん、ほぉ~」


という酔っ払い丸出しの発声で開かれた手は、


 


一萬九萬一筒一索一索九索東南西北白發中 ロン九筒


そのまま東2局で全てを終わらせる殺人的な早さの役満だった。まだ5巡目じゃねーか!!


この時振ったのは、それまで必死にトータル2着で喰らい付いていたオカチャンだった。その役満アガラれる前に、「オカちゃん飛ばしたいねぇ~」とかM上さんに言われたところだったのでさらにショックだったと思う。ちなみにその時の俺の手は


 


二萬三萬四萬六筒八筒九筒三索四索五索六索 チー七萬横六萬八萬


あ・・・・次出てます・・・・9ピン。この日は16半チャンやったが、本当に最後の最後までこんな牌勢で俺とオカちゃんは戦い続けた。同い年コンビは完全にボコボコのグロッキー状態に打ちのめされた。その間もM上さんはゴキュゴキュと呑み続け、ビールをもう1パック追加したほどだ。まじなさけねー。


けど本当に実力が違いすぎた。打牌のスピードも、精神面も、理論も全て追いつけなかった。


結果は俺とオカちゃんが-7500ずつ。タイセーさんが-500ほどの軽傷で乗り切っていたのはやっぱさすがだとも思った。


完全に酔っ払いと化したM上さんを後に、俺とオカちゃんはチャリに2ケツで駅へと向かった。


俺「今日は本当に何もできんかったなぁ・・・」


オカちゃん「そうやなぁ、くやしいなぁ・・・。役満さえ振らんかったらもっとええ勝負できたのになぁ」


俺「そうやなぁ・・・。けどいつかあの人に勝ちてぇなぁ。まだまだ強くなれるよな、俺ら」


多分この日からだと思う。俺が心底麻雀強くなりてぇと思ったのは。


一人の人間に、一つは燃えるような部分があると思う。本当に何よりも大切にしたくなる燃焼だ。


ただ、それに火をつけるのは自分じゃない。自分が尊敬できる誰かだと思う。


みなさんも出会いを噛みしめていきやしょー!!!


俺も尊敬できる人いるぜー!!って方はクリックお願いしやす!!


人気blogランキングへ

| 麻雀 | 12:22 | トラックバック:0コメント:30
| ホーム | 次ページ

プロフィール

ユキチ

Author:ユキチ
超零細企業
「麻雀会社サイコロック」社長

東京で東風のセットをやってくださる方はいつでもお受けします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。